QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
カバノフ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2017年04月10日

参加表明 2017年度

参加表明はこちらです。


今回は、物販枠とかはございません、全て一般枠の参加になります。

開 催 日 2017年5月12-13日 金曜日と土曜日
会   場 サバイバルフィールド サバス 様 千葉県印西市
       http://savas-m2ts.net/

参加費   

金曜日 夜間シナリオと野営 3000円
(深夜到着で野営だけの人の救済方法を検討中です)

土曜日 午前シナリオと午後シナリオ 4000円
    (昼ごはんを希望の方は+500円)


グループで登録される方は、代表者以下何名で結構です。

また、イベントに参加を持って下記事項にご承諾頂いたものとして扱われますので
ご承知の程よろしくお願いいたします。

1、イベント中の事故はご自身の自己責任でお願いいたします。

2、会場責任者並びに主催よりの指導には最優先で注意を払い、素直に従ってください。

3、当日は写真撮影が盛んに行われますが、撮影の結果としてインターネット等に顔写真が
  公開される恐れがあります。
  もし、公開を希望されない方は予め顔を隠した変装等のご準備をお願いいたします。
  また、撮影の際はあからさまに嫌がる対応が有った場合は、撮影を強行しない様にご配慮をお願いいたします。
  特に、拒否の意思表示が無い限り全ては承諾されたものとして取り扱われます。


尚 会場側からの中止要請が無い限り、どれ程の雨が降ろうとも実施されます。\(^-^)/
  
Posted by カバノフ at 02:46Comments(14)赤軍祭り2017

2017年04月10日

赤軍ネタ祭り 2017年 お題「愛しのナターシャ」

2017年春 赤軍祭り 5月12日金曜日の夕方~13日土曜日

お題 「愛しのナターシャ!!」

注目!! ここに書いてある年代は、年号の前にPW(パラレル・ワールド歴)と入れて下さい。
       文化風俗としては、史実の年号と似たような世界観で結構ですが<軍服装備>の
       世界としては、もっと大ざっぱな世界と認識して頂けると幸いです。
       

ウスリースクから南下すること3時間ほど、満洲国は琿春市と街道がつながる比較的まとまった町クラスキノ市の郊外
時は1936年ついこの間日本のサムライ達とちょっとした騒ぎがあったようだが、いたってのどかな日が続いていた
そんなある日、入営1年目のサーシャことアレキサンドルが休暇で帰った村に1通の手紙が届いた。
「愛するサーシャ!私は生きています。ナタリア」
一瞬頭がカラッポになった・・手紙を預かった人は、今日来た行商人の中国人から預かったそうである
その日から、彼はひそかに中国人を探して幼い頃にウスリースクで生き別れたナターシャとの手紙のやり取りを始めるのである。

時は変わって36年の秋も更けるころ、、重要拠点の牡丹江市と朝鮮国境とソ連国境を繋ぐ琿春市の間にある
山間の小さな集落から、これまた寂れた部落を過ぎた国境地帯に、吹けば飛ぶような国境守備隊の拠点があった。
ぶっちゃけこんな山道を無理に進軍したところで、大した事は出来ないのは両軍共に承知の事で、どぉーでも良い場所なのだが
一応山道とはいえ道は続いているので、検問所と守備隊だけは置いて置こうと言うような場所で
ここを通っても、最寄りの町まで数十キロは有るので、物々交換的な地元の行商人以外は行き交う事も少ない。
南の中国戦線なら、やれ匪賊の攻撃だ国府軍の反撃だと活躍の場もあるのだろうが、こんな人もいない所では
虫や草木に睨みを利かせても仕方がないし、冬は寒いし夏は蚊が多いしで正面はソ連軍だからして、もし戦火を交えるなら
一瞬で全滅なわけで、つまり手柄を立てようもない場所である。
そんな所の守備隊だからして、軍曹を筆頭とした数十人の兵隊たちは、大真面目においちょカブ等をしながら日々軍務に励むのである。
そんなある日に、この守備隊に新任の将校を派遣すると言う話が舞い込んできた・・・・はて??

寂れた国境守備隊への転属・・普通なら左遷人事であるってか、はっきりと左遷人事である。
だが、赴任する将校は心からこの人事を歓迎していた。
勤務態度はいたって真面目なのだが唯一の問題があった、地方人の教員辺りなら良かったのだが文学小説を読みふけるあまり
手を出してはいけない本にまで手を出してしまったw
誰が密告したか知らないが憲兵隊に呼び出され背後関係を調べられたが思想的には何の問題もないと言う事で、
こってり絞られたうえで、好きなだけ本でも読んでなさいと送り出された訳である。

そんなこんなで1936年の暮れは過ぎて草木が芽吹くころ日本側で守備隊の半分がカエロカエロデーで去って行き、
新しく本土から来た新兵を伍長が引率してきた。
軍曹「いゃホントに辛苦 多々的じゃのぅ」
某上等兵「いゃしかし、折角なれてきた兵隊がカエロカエロデーで替りに小孩と大人じゃ没法子じゃ~」
軍曹「まぁ こんな場所じゃ小孩も大人も一様じゃ、さぁちゃんちゅーでもやろうかね?」
某上等兵「あっええですなぁ~ ここじゃ ぴ~も無いですからなぁ」

そんな国境の向こうでは・・・第二次五カ年計画も終わりに近づく中で極東管区の戦力も充実化されて行く中で
国境問題の武力解決を模索する一環として夜間浸透戦術の研究模索が行なわれていた。
そんな中で日本軍にも通知の上で、小規模夜間演習がこの地域で行なわれる事となったのである。
まさにその時をサーシャことアレキサンドルは待っていたのである。



さて、、今年も国際大隊が主催する「赤軍祭り」の季節がやってまいりました。

今年の実験テーマは、ロールプレイングゲームです。
ある目的の為に、みんなで力を合わせてって形で物語は進行致します。

数人を一グループ(分隊)としてステージ毎に与えられた目的(任務)を達成する努力をしてやって下さい。
国境には、歩兵さんとは任務の異なる人達がいますからね。
そして、国境の向こう側には、わっるーーーい日本軍がおりますので、食べられちゃわないように
注意して下さいね。
また日本軍の方々にも、いろいろな不確定要素を含みますので是非楽しんで頂けると幸いです。

基本的に モデルガン戦 です。
壊れたモシン・ナガンは大活躍で良いですね。
また、寸劇や撮影が多くなります。ノリノリでやってください。
その為に、写真を撮ったり取られたりする場合が有ります。
参加する限り肖像権は無いものとお考え下さいませ。←ここ大事(^^)

また、今回特に注意してほしいのは、敵の存在と緊張感はバリバリの予定ですが
基本的に戦いは無い物と思って下さい。発砲はあり得るのでパンパン銃のご用意を!
(だって設定が戦時じゃないんですもんww)
・・勿論好戦的な選択が続くと、紛争事案に・・。


開 催 日 2017年5月12日-13日 金曜日と土曜日
会   場 サバイバルフィールド サバス 様 千葉県印西市
       http://savas-m2ts.net/

参加費   
金曜日 夜間シナリオと野営 3000円
(深夜到着で野営だけの人の救済方法を検討中です)

土曜日 午前シナリオと午後シナリオ 4000円
    (昼ごはんを希望の方は+500円)

全部参加するとちょっと高めの7000円になります。


尚 国際大隊名物として有志による給食サービスがありますが
  人数が多い場合は、行き渡らない可能性は十分にあります。
  各自ある程度の飲食物をご用意下さいませ。
  また土曜日のお昼はサバス様にお願いする予定です。



募集ユニットと装備等

** ご注意 **
推奨軍服として提示いたしますが、余程場違いな装備やあからさまに雰囲気を壊すような装備でなければ、
  主催はさして問題視しておりません。
 まぁ、前座の背景をよぉぉく読んで空気を読んでおくれ、足りない装備は脳内で補完しておくれ。
 

赤軍  1938年あたりの装備が推奨です・・が、厳密にやった日には揃えられる人なんぞは一握りじゃわいww
     揃えられる人は、頑張っておいでぇ~
     大戦前半期型の折襟が有れば最高です。 階級章の色(迷彩かどうか)も拘る必要は無し。
     ルパシカしか持ってなければ、肩章はずして立ち襟に何ぞ布きれでも被せて襟を自作しておいでぇ~
     野営の人は、プラーシュパラトカだけは、持っておいでぇ~あとシーネリか薄毛布位持って来ないと夜は寒いぞww
     36年型鉄兜? ピロトカで充分じゃよ
     ご飯を食べるのに手頃な食器は持っておいでぇ~紙皿とか期待されても用意が無いよぉ
     
使用する銃、、モシンナガンとかモシンナガンとかモシンナガンとかが推奨です。
     推奨だけれど、鉄砲無くても参加は出来るぞい、あればあったでもっと楽しいと思うよ。
     無ければ、槓桿式の鉄砲なら何でも持っておいで現用銃は駄目だよぉ~ その辺は空気を読んでおくれ。
         

日本軍  昭和五年式軍衣又は45式改辺りが推奨です。
      夏冬は関係ありません、当日の天気と照らし合わせて整えて下さいませ。
      あとは、野営の方は毛布とか寝るのに必要な装備は持って来てね。
      飯盒は持っておいでぇ~


全体としては、野営する人は蚊取り線香を持って来てくれると助かる。
装備ではなく、雰囲気に拘っておくれ、、ロシア単語と当時の風俗文化を出来るだけ集めておくれ
日本軍は、兵隊シナ語が出来ればなおよい。


進行予定表です。(^-^)/

5月12日

 16:00 頃 開場予定

 17:00 頃 晩ご飯の準備とか野営の用意をします。 

18:00 頃、参加登録と配属を決めるよ。
       終了次第 食事にとりかかります。
       
 20:30 頃 第一シナリオの準備と説明です。
 
  21:00 頃 第一シナリオを開始します
  22:00 頃 第一シナリオを終了します。
 
 21:30 頃 翌日の打ち合わせをします。

  23:00 就寝です。

 準備その他で前後しますが、大体の目安時間と言う事でよろしくお願いいたします。

5月13日

 07:00 頃 起床 朝食 

08:00 体操

08:30 当日点呼です。 
     未登録の方はこの時に受付をします。
     
09:00 第二シナリオの開始時間です 
     

12:00 頃 お昼ごはんです。 セーフティゾーンでご飯を食べます。

12:30 頃 皆で一緒に写真を撮りましょう 
      
13:00 頃 最終シナリオの開始時間です。

15:30 頃 最終シナリオを終了します。

17:00 頃 完全撤収です。 皆様お疲れ様でした。
    

  
Posted by カバノフ at 02:41Comments(0)赤軍祭り2017